塾講師の仕事

塾講師になりたいとう人のために、塾講師の仕事について紹介をします。
塾講師とくくってしまっていますが、塾講師には、集団授業を行う講師と個別指導を行う講師と2つのパターンがあります。


集団授業を行う塾講師は、生徒たちが学校で受けているような授業風景となりますが、学校のクラスよりも人数が少ない少人数制の授業となります。
黒板やホワイトボードに書き、発問をして解説をしていくといった流れで授業をすすめていきます。
集団授業だとしても、ひとりひとりの生徒の理解度を判断して授業を進めていく必要があり、どの生徒のレベルにあわせて授業を進めていくのかということが大事なポイントになります。


個別指導の塾講師は、家庭教師と同じように一対一で学習指導を行いますので、集団授業のようにどの生徒のレベルにあわせようかと考える必要はなく、受け持った生徒の学力に合わせた指導をすることができます。
しかし、魅力的な指導を行わなければ生徒が飽きてしまいますし、生徒との相性がでやすいので、計画性をもって授業を進めていくことが必要になります。
集団指導に比べ個別指導の塾講師のほうが授業は進めていきやすいでしょうが、生徒一人の様子がわかってしまうので授業内容は毎回考えていく必要が多々あります。


しかし、塾講師を始めたばかりの人は、集団指導よりも個別指導で経験を積んだほうがよいでしょう。
個別指導のほうがやりやすさはあります。
個別指導で経験を積んで、その後集団授業を行うことで経験が生かされ、集団授業もしやすくなることでしょう。

Copyright © 2014 塾講師になる All Rights Reserved.